グレースーツのおすすめの着こなし 〜相性の良いシャツ・ネクタイの合わせ方〜

投稿日:

「ネイビースーツ」に続き、幅広いシーンで活躍する「グレースーツ」。

ビジネススーツとしても人気のあるカラーで、一着持っておくだけで着こなしの幅も大きく広がります。

「グレースーツの着こなし・おすすめ生地」について、福岡天神大名のオーダースーツ専門店「福岡えびすテーラー」のスタッフがご紹介します。

グレースーツの色合いについて

まず、グレースーツの着こなしを考える上でやはり重要なのが生地の「色合い」です。

グレーは色のトーンで印象が変化し、光沢の有無が比較的分かりやすいカラーだと言えます。

濃淡・明るさ


グレーも他の色合いと同様に濃い色合いはフォーマルな印象となり、明るいグレーになるとくだけた印象となります。

一般的に色の濃い順番から「チャコールグレー」「ミディアムグレー」「ライトグレー」の名称で呼ばれます。

フォーマル度に合わせてグレーの明るさを決めることも良いですが、顔まわりが明るく見える色合いで選んでみるのもおすすめです。

光沢

グレースーツで光沢のあるものは一般的に綾織の生地であり、使用する糸が細くなるほど光沢が柔らかくなります。

明るいライトグレーのスーツで光沢がある場合は華やかな印象になりがちです。

光沢のあるグレーであれば濃い色合いの生地の方が使いやすいでしょう。

落ち着いた光沢のグレースーツは平織の生地を使用していることが多いです。

光沢が抑えられていれば、明るい色合いの生地を選んでも格好良く着こなせます。

グレースーツの「柄」について

グレースーツも取り入れる「柄」によって印象が異なります。

それぞれの柄の印象についてもご紹介します。

「無地」は織り方で印象が変わる

グレー無地は定番の生地で、ビジネスでも人気が高いです。

鮫肌を思わせる織りの「シャークスキン」や、細かいドット柄のような「バーズアイ」の生地を選べば、色合いに奥行きが増し上質なスーツの雰囲気になります。

「ストライプ」は色・太さ・ピッチ幅で決める

グレーのストライプのスーツはスタイリッシュな印象で、一味違う雰囲気を醸し出すスーツになります。

ストライプの太さが太くなればなるほど、ストライプの間隔が広がれば広がるほど、主張の強いデザインになります。

シャドーストライプやヘリンボーンの生地を選ぶとより着用しやすいスーツになります。

「チェック」を取り入れるとよりお洒落に

チェック柄を取り入れられるのであれば、一着持っておくとお洒落な印象になります。

無地やストライプと比較すると汚れなどが目立ちにくく、気軽に着用できます。

グレースーツと合わせる「ボタン」

既製品のグレースーツには「ブラック」や「ブラウン」のボタンが付けられていることがほとんどです。

オーダーのグレースーツでも同様で、暗めの落ち着いた色合いのボタンをつけるのがおすすめです。

明るめの色合いの生地を選ばれたのであれば、ボタンの色合いも合わせて明るめのものを取り入れてもいいでしょう。

「水牛ボタン」がスーツに高級感をプラス

プラスチック製のボタンでも高級感のあるものはありますが、上質なグレースーツを仕立てる際はボタンの素材にこだわるのもおすすめです。

モノトーンの生地という事もあり、ボタンも目立ちやすいのでこだわりが必要です。

水牛の角を削って作られたボタンをつければ、スーツに高級感がプラスされます。

落ち着いた風合いの生地であれば、ナットボタンを合わせてみるのも粋でしょう。

グレースーツと合わせる「シャツ」について

スーツの着こなしと言っても、合わせるシャツによって印象は大きく変わってきます。

グレースーツにおすすめのシャツについてもご紹介します。

ホワイトのシャツ

同じモノトーンの色合いということもあり、相性の良いシャツです。

合わせるネクタイの色や柄の選択肢も多くなり、ほとんどの場面で着用できるため複数枚持っておくのがおすすめです。

ストライプのシャツ

ストライプのシャツを取り入れると一味違うスーツの着こなしになります。

柄のシャツを取り入れる場合は、スーツは無地のものを着用するとコーディネートがスムーズに決まります。

サックスブルーのシャツ

グレーとサックスブルーは相性が良く、都会的でありながら清潔感のある着こなしになります。

ホワイトと比較して肌の色合いに馴染みやすいので、可能であれば積極的に取り入れるのをおすすめしています。

グレースーツと「ネクタイ」の合わせ方

モノトーンということもあり、合わせるネクタイを選ばないのがグレースーツの魅力です。

ネイビーのネクタイを合わせれば清潔感を演出でき、ブラウンのネクタイをすれば落ち着いた着こなしとなります。

グレーやブラックのようなモノトーンのネクタイを選べば都会的な着こなしとなります。

グレースーツとネクタイの合わせ方の一例についてご紹介します。

ホワイトシャツ・グレーネクタイ

モノトーンで揃えたグレースーツの着こなし。

靴やベルトなどの革製品も黒で揃えることによってスタイリッシュな印象に。

気を引き締めたい時にもおすすめの着こなしです。

ホワイトシャツ・レッドネクタイ

グレースーツ・ホワイトシャツといったモノトーンの中に、目を引くレッドが加わることでコントラストのある着こなしとなります。

赤色はリーダーシップを感じさせる色合いですので戦略的に活用したいものです。

色の印象の違いについてまとめた記事もございますので、よろしければご覧ください。

再確認、スーツの色や柄によって印象はどう変わる?

ブルーシャツ・ネイビーネクタイ


グレースーツとブルーのシャツの組み合わせは清潔感が演出でき、便利な組み合わせです。

そこにネイビーのネクタイが加わることにより、さらに垢抜けた清潔感を感じさせる印象となります。

ブルーシャツ・ブラウンネクタイ

「グレー×ブルー×ブラウン」の組み合わせは、イタリアを想像させるおしゃれな組み合わせです。

合わせる靴やバッグもブラウンを取り入れることで、洗練された着こなしとなります。

グレースーツの次は「ブラウンスーツ」がおすすめ

グレースーツに加え、ネイビースーツを持っておけばビジネスシーンで活躍する着こなしがほとんどカバーできます。

さらにスーツを加えるとするならば、チェックやストライプのスーツでも良いですし「ブラウン」のスーツを取り入れてみてもおしゃれでしょう。

【オーダースーツ】ブラウンスーツがおすすめな理由とは?

着こなしにあたたかみと落ち着きが出るため可能であれば取り入れたい色合いです。

まとめ

今回は「グレースーツのおすすめの着こなしと合わせ方」についてご紹介しました。

シャツやネクタイを変えるだけでも、グレースーツの印象は大きく変わります。

その他、着こなしに関するポイントはこちらにも記載しております。

はじめてのオーダースーツにおすすめな「デザイン」と「生地」とは?【オーダースーツ初心者向け】

この記事がスーツの新たな着こなしの参考になれば幸いです。

「オーダースーツに関するお問い合わせ」「ご予約」「お仕立券の発行」その他ご相談など
福岡えびすテーラーLINE公式アカウントからも承っております。

下記バナーより友だち追加の上、お気軽にご相談くださいませ。

ページTOPへ