再確認、スーツの色や柄によって印象はどう変わる?

投稿日:スタッフブログ

スーツの生地には多彩な色や柄がありますね。

スーツをオーダーする時に迷われる方も多くいらっしゃいます。

生地の色や柄によって印象もそれぞれ異なってきますし、それらの印象を把握していれば、戦略的にスーツの色や柄を選ぶことができるとも言えますね。

今回はそのような「スーツの色や柄が与える印象」について、福岡のオーダースーツ専門店「福岡えびすテーラー」のスタッフがご紹介いたします。

 

まずは、スーツの「色」について確認しましょう。

スーツの生地の色は印象を最も大きく左右する要素です。

スーツによく用いられる色の印象について順番に確認していきます。

ネイビー(紺色)

→ スタンダード、清潔感、誠実

ビジネス用のスーツとして最も用いられやすい色です。

着る方に清潔感をもたらしながら、誠実な印象を与えます。グレーやホワイトといった、スーツによく使われる他の色と合わせやすいのも特徴で、オーダースーツの生地選びで迷われた際はまず、ネイビーの無地を選択すれば間違い無いでしょう。

ネイビーは明るめのブルー、明るめのグレーと合わせるとさらに上品な印象になります。

 

ブルー(青色)

→ フレッシュ、明るい、親しみやすさ

ネイビーが持つ清潔感を持ちながらも、ネイビーと比較しても親しみやすい印象を与えてくれます。

ネイビーと明るめのブルーを比較した時に、顔まわりが明るい印象になる方もいらっしゃいます。

垢抜けた印象のスーツを仕立てたい場合は、生地を顔まわりに照らし合わせてみて、印象を確認するのも良いでしょう。

 

グレー(灰色)

ダークグレー → スタンダード、知的、都会的
ライトグレー → 上品、育ちの良い印象

グレーも同様に明るさによって印象が異なってきます。

ダークグレーはネイビーと同様に、ビジネスシーンでも大いに活躍するスタンダードな色です。

知的で都会的な印象を与えるので、スタイリッシュな印象を与えるにはおすすめの色です。

ライトグレーのスーツになると、育ちの良い印象を与えてくれます。モノトーンということもあり、ネイビー同様に他の色との相性も良いのも魅力です。

 

ブラウン(茶色)

→ リラックス、落ち着いた印象

リラックスした印象を与える色です。

ビジネスシーンではなかなか使いづらいかもしれませんが、ネイビーやグレーなどのスタンダードな色よりも垢抜けた印象を演出しやすい色だと言えます。

ネイビーやレッド、グリーンとの相性もいいので、ジャケパンスタイルに採用するとより垢抜けた印象になるでしょう。

 

キャメル(ベージュ)

→ 穏やかな印象、親しみやすい

ジャケパンスタイルのスラックスなどに用いれば、親しみやすい印象を与えてくれます。

肌の色と馴染みやすく、他の色との相性も良いため、着こなしに統一感が出る色です。

 

ブラック(黒色)

→ 高級感、威厳を感じさせる

着る方に存在感を与えてくれるので、発言力を高めたいときにおすすめの色です。

ビジネスシーンでは着用が難しいですが、素材を変えてみたり、チェック柄の生地を選べば着用しやすくなるでしょう。

 

レッド(赤色)

→ 有能な印象、魅力的、リーダーシップ

リーダーシップや有能な印象を与えてくれる色です。

スーツにすると派手な印象になりますので、ネクタイやジャケットで使用するのがおすすめです。

 

グリーン(緑色)

→ 落ち着いた印象、安心感

落ち着いており、穏やかな印象を与えてくれる色です。

こちらもネクタイやジャケットで使用すると扱いやすいでしょう。

 

オーダースーツの生地を選ぶ際は、ストライプやチェック柄のように「柄」も考慮する必要があります。

続きましては、それぞれの柄の持つ印象についてご説明いたします。

 

無地

→ ドレッシー、シンプル
シンプルでビジネスユースにも使用しやすいベーシックな生地です。

他の柄とも合わせやすいのも特徴で、着る方の魅力をそのまま引き出してくれます。

 

ストライプ

→ スマート、繊細な印象、存在感

ストライプの入ったスーツはスマートな印象を与えてくれます。

また、ストライプは太さやストライプの間隔によって印象が異なってきます。

ストライプが細く、間隔が狭いと繊細な印象を与えてくれます。

一方で、ストライプが太くなり、ストライプ同士の間隔が広いと華やかな印象になり、着る方の存在感が増します。

 

チェック

→ お洒落、カジュアル、親しみやすい印象

スーツにチェックを取り入れるだけでも、お洒落で親しみやすい印象を与えてくれます。

スーツでも良いですが、ジャケット、スラックス単体で使用するのもおすすめです。

チェックの中でも王道と言える「グレンチェック」は、垢抜けた雰囲気で紳士的な印象を与えてくれます。

格子柄の「ウインドウペン」は若々しい印象を与えてくれるので、カジュアルなシーンやお洒落に決めたいときにおすすめです。

 

スーツ生地の色・柄選びのポイント

オーダースーツの色や柄を選ぶ際のポイントをご紹介します。

 

シーンに溶け込む

ビジネスシーンでの着用の場合、信頼を得るためには、その方の職業や地位に見合ったスーツを着こなすのが良いでしょう。

その道のプロフェッショナルを連想させる着こなしをすると、スーツの力を最大限発揮できていると言えます。

基本的にビジネスシーンでは、ネイビーやチャコールグレーの無地のスーツで、上品な艶感のあるものがおすすめです。

カジュアルな職場でお仕事をされる方や、クリエイティブなご職業に就いている方であれば、お洒落なチェック柄や明るめのジャケットなども良いでしょう。

 

ジャケットとシャツの色合わせ

スマートな印象を与えたいのであれば、スーツは収縮色、つまり濃い目のトーンの色を選択するのがおすすめです。

加えて、シャツは白やサックスブルーといった明るいトーンの色をチョイスすると色合いのバランスが取れます。

 

まとめ

スーツの色や柄が与える印象についてご紹介しました。

今回の内容が皆様のスーツ選びの参考となれば幸いです。

ページTOPへ