イタリアの高級生地「エルメネジルド・ゼニア」「ロロピアーナ」「タリア・ディ・デルフィノ」の特徴とは

投稿日:

スーツをお仕立てする際に、高級生地が気になる方も多いでしょう。

今回は、イタリアを代表する高級生地である
「エルメネジルド・ゼニア」
「ロロ・ピアーナ」
「フラッテリ・タリア・ディ・デルフィノ」

の特徴についてご紹介します。

イタリアの高級生地「エルメネジルド・ゼニア」「ロロピアーナ」「タリア・ディ・デルフィノ」の特徴とは

 

 

エルメネジルド・ゼニア ~Ermenegildo Zegna~

エルメネジルド・ゼニア ~Ermenegildo Zegna~

スーツの高級生地と言えば、こちらのメーカーを思い出される方が多いでしょう。

美しいツヤと手触りの良さに加え、高級感のある色合いの生地が多いです。

また、ストレッチ性に富んだ生地や太陽光を反射する生地など、革命的な生地もリリースしています。

Traveler

その名の通り、旅行や出張の多いビジネスマンに最適です。

ゼニアらしい上質なツヤはそのままに、防シワ加工がなされておりアクティブに活動されるビジネスマンにぴったりの生地です。

Trofeo

いかにもイタリア生地らしい上品なツヤと手触りの良さが特徴です。

原料品評会でトロフィーを獲得したウールを使用しています。

※その名の通り、”trofeo”はイタリア語でトロフィーを意味します。

オールシーズンで活躍する、上質なツヤを持ったスーツをお仕立てしたい方にオススメです。
色柄は無地やシャドーストライプが多いです。

15milmil15

ただでさえ上質な雰囲気を醸し出す”Trofeo”の生地ですが、それを超えるツヤ感と手触りの良さのある贅沢な一品が”15milmil15”です。

ここぞと言う時に着用したい逸品です。

Cool effect

太陽光を反射する加工がなされており、着用時に涼しく感じられるよう加工されています。

加えて、生地が透けるほどに軽量で通気性も良いです。

暑いシーズンにスーツを着なければならない時にオススメの生地です。

Amezing

こちらの生地にもCool effectの加工がなされています。

加えて、ストレッチ性もあり、ゼニアの中でも着用しやすいスーツが仕上がります。

Cool effectと比較しても高級感のあるツヤを備えていますので、春夏生地で格好良いスーツをお仕立てしたい時にオススメです。

※Amazing(素晴らしい)の綴りの”a”を”e”にすることで、Ermenegildo Zegna(EZ)の名を冠したシリーズ名となっています。

Tropical

平織りの生地でツヤも控えめです。

綾織りの生地と比較しても通気性に優れますので、春夏に着用するスーツに特におすすめです。

カラーバリエーションが豊富で、ゼニアの中では比較的手頃な価格でお仕立てできるのも魅力ですね。

Electa

秋冬にぴったりなツヤのある生地です。

深みのあるお洒落なチェック柄からビジネスのぴったりの無地まで、色・柄のラインナップが豊富なのも魅力です。

 

 

ロロ・ピアーナ ~Loro Piana~

ロロ・ピアーナ ~Loro Piana~<

ゼニア同様にツヤと柔らかさを兼ね備えたイタリアらしい生地が多いです。

セレクトショップさんのスーツなどで使用されていることも多く、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。

Four seasons

その名の通り、オールシーズンで活躍する生地でありながら、Super’130sらしい上質なツヤを備えています。

ビジネスシーンでも使いやすい生地で、はじめての高級生地でお仕立てする時にオススメです。

Australis

こちらはSuper150’sのウールを使用しており、柔らかい手触りと細やかなツヤが高級な雰囲気を醸し出します。

こちらもオールシーズンで活躍する生地です。

Zelander

ツヤの抑えられた生地が多く、ロロピアーナの中では落ち着いた印象です。

生地を薄くし、軽量化すること涼しく着用できる”Zelander dream”や、ストレッチ性を兼ね備えた”Zelander N-stretch”などの派生生地もあります。

Eleganza

ウールに「シルク」を混紡した生地です。

ウール100%の生地と比較するとややパリッとした手触りが特徴です。

ツヤに関しては、光の反射に近いような煌めきのあるツヤがあります。

独特な高級感を醸し出す逸品です。

 

 

フラッテリ・タリア・ディ・デルフィノ ~ Fratelli Tallia di Delfino~

フラッテリ・タリア・ディ・デルフィノ ~ Fratelli Tallia di Delfino~

お洒落な柄が多く、上質な手触りとツヤを備えた高級生地メーカーです。

これまでご紹介したゼニアやロロピアーナと比較すると知名度は低いですが、仕立て映えのする生地が多いです。

Napoli

ゼニアの”Trofeo”やロロピアーナの”Four Seasons”に近いポジション。

Super130’sのウールを使用し、オールシーズンで活躍します。

ツヤ、手触り、質感などバランスの取れた生地で、ビジネスライクな色使いも多いです。

お仕事用のスーツで迷われている際にオススメの生地です。

Aria3.1

“Aria”はイタリア語で「空気」を意味します。

軽い着心地と通気性の良さがこの生地の魅力です。

生地の向こう側が透けて見えるほどに薄い春夏用生地です。

Trecento sessanta

撥水・ストレッチ・防シワ・抗菌・通気性」。

スーツにあると便利な機能をふんだんに加えた生地です。

春夏生地で機能性を重視したスーツをお仕立てしたい方におすすめの生地です。

Archivio 1903

一見、イタリア生地とは思えないような重厚感のある生地です。

400g相当の重みのある生地でありながら、ストレッチ性に優れています。

ツヤは控えめで、仕立て映えのする生地です。

クラシカルなスーツをお仕立てしたい時にオススメです。

 

 

まとめ

イタリアの高級生地メーカーの特徴について、福岡のオーダースーツ・オーダーシャツ専門店『福岡えびすテーラー』のスタッフがご紹介しました。

ページTOPへ