梅雨時期に最適なスーツ生地と、雨濡れ時のメンテナンス方法

投稿日:2020年6月30日 更新日:スタッフブログ

いよいよ福岡も梅雨が到来。この時期は雨でスーツが濡れたり、手入れも疎かになりやすいです。

ご自宅で洗濯できないスーツやジャケットをどのようにメンテナンスすれば良いのか悩まれている方も多いのではないでしょうか。

本来、スーツにとって水や湿気は天敵です。雨に濡れたままのスーツをそのまましまうと、型崩れや、生地の風合いを損なうこともあります。他の衣類にも言えることですが、臭いやカビ、虫食いの原因にも繋がります。いつも以上に、注意が必要です。

クールビズの需要は高まってはいるものの、仕事柄ジャケットを着用しないといけないサラリーマンの方も多いはず。

そこで今回は、梅雨時期でも快適に着用することが出来るスーツ生地を幾つかご紹介致します。

併せて、梅雨時期を乗り切るために必要なスーツのメンテナンス方法をご紹介致します。

 

あらためて、梅雨とは

“梅雨の期間はふつう1か月から1か月半程度である。また、梅雨期の降水量は九州では500mm程度で年間の約4分の1・関東や東海では300mm程度で年間の約5分の1ある。”

“漢字表記「梅雨」の語源としては、この時期は梅の実が熟す頃であることからという説や、この時期は湿度が高くカビが生えやすいことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、これが同じ音の「梅雨」に転じたという説、この時期は「毎」日のように雨が降るから「梅」という字が当てられたという説がある。”

※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

特に九州、福岡は梅雨時期の降水量が多く、一か月以上も続きます。
梅雨期間中はいつにもまして、メンテナンスに細心の注意を払う必要があります。

除湿剤が凄く売れるのも梅雨時期です。万全の対策をしたいものです。

 

お手入れ方法

梅雨時期の具体的なスーツのお手入れ。実践しやすい方法に絞って、下記より触れていきます。

乾いたタオルで水分を取る

スーツが雨に濡れてしまった際、まずは乾いたタオルやハンカチで水分を吸い取りましょう。

注意点としては、ゴシゴシと摩擦を起こさないようにすることです。生地が毛羽立ち、傷んでしまいます。

水滴ははたくように、水気を吸っている際は軽く押さえつけましょう。

自然乾燥

水分が取れたら、木製ハンガーにかけて風通しの良い場所に置きます。

プラスチックより木製の方が早くスーツの水分を飛ばしてくれます。

とは言え梅雨時期です。お勧めは、扇風機や除湿器を使用しながら早く乾かす方法です。浴室乾燥機もいいでしょう。

スラックスをハンガーにかける際は、通気性も悪くなる為、必ずジャケットと別々にしましょう。裾部分を上に吊るして干すと、自重で皺も自然に伸びる為、お勧めです。

スチームを使う

汗や半乾きの臭いが気になる際はアイロンスチームを使用しましょう。臭いのもととなる汗や雑菌を死滅させることができます。

消臭スプレーを使用することで一時的には軽減されるかもしれませんが、根本的な解決には繋がりませんので注意が必要です。

入浴後の浴室にスーツを吊るしておき、あえて湿気を吸わせ、風通しの良い場所で乾かす方法もメジャーです。

 

梅雨時期にお勧めのスーツ生地

スーツと相性の悪い梅雨時期。へたりやすく、皺が多いとだらしなく見えがち。
湿度も高く、ジメジメで雨も多い梅雨時期でも、快適にご着用いただける生地を、福岡えびすテーラーの独自目線で、幾つかご紹介致します。

CANONICO/SUPER SONIC Hi-twist N-STRETCH(スーパーソニック)

VITALE BARBERIS CANONICOよりスーパーソニック。

超音波(SUPER SONIC)のような速さで、世界中を飛び回るビジネスマンをターゲットに開発されたコレクションとなります。
シャリ感もあり、通気性に優れています。ナチュラルストレッチも備わっているので、機能性も抜群です。

そして何より、梅雨時期に重宝すること間違いなしの撥水性。

スラックス単品でもいいですし、ツーパンツスーツでお仕立てされ、出張先等では交互に履くというのもよろしいかと。選べる色も豊富です。

 

FOX BROTHERS/FOX AIR(フォックスエアー)

FOX BROTHERSよりフォックスエアー。

高温多湿の気候には最適な英国生地です。

ざっくりとした風合いで、平織りの為、通気性が抜群です。梅雨時期、盛夏には大活躍します。
皺にもなりにくく、どうしてもジャケットを羽織らないといけない方には重宝されます。

湿度を吸ってしまうと、へたりやすくだらしない印象になりやすいです。フォックスエアーのような、ハリコシのしっかりした通気性の高い生地が梅雨時期に最もお勧めです。
又、スラックス単体でお仕立てされても良いかもしれません。

無地から、クラシック調なストライプまで豊富にございます。

まとめ

以上、梅雨時期のメンテナンス方法、お勧め生地についてご紹介致しました。

高温多湿な梅雨時期にでも、オシャレを楽しみましょう。

生地選びの参考となれば幸いです。

仕立てる楽しさが、一人でも多くのお客様に届くことを願って。

ページTOPへ