ビジネスシーンに適したシャツのデザインとは?【オーダーシャツ】

投稿日:2020年5月23日 更新日:スタッフブログ

スーツを着るときに一緒に考えたいのが「シャツ」のデザインですね。

スーツをオーダーされる方の目的として最も多いのはやはり「ビジネス」や「お仕事」です。

今回はそれらの目的にぴったりな「シャツ」のデザインについてご説明いたします。

シャツの「襟型」の種類について

襟は顔周りに位置しており、着る方の印象を大きく変えるデザインです。

襟型にはたくさんの種類がありますが、ビジネスシーンでおすすめの襟型は以下の通りです。

フォーマルな印象の「レギュラー」

福岡えびすテーラー オーダーシャツ レギュラー
最もスタンダードな襟型でフォーマルな印象の強い襟型です。

ビジネスシーンで着用するシャツの襟型に迷ったときは、この襟型を選んでおけば間違いないでしょう。

しかし、ノーネクタイで着用することを考えるのであれば、これからご紹介する2つの襟型がよりおすすめです。

ビジネス・カジュアルともに万能「ワイド」

福岡えびすテーラー オーダーシャツ ワイド

レギュラーと比較すると、少し開いた襟が特徴です。

合わせるネクタイもボリュームのある結び方をすれば、なおかっこよく決まるでしょう。

クールビズなどネクタイを着用しないシーンでも様になり、バランスの取れたデザインだと言えます。

カジュアルに着崩すのなら「ボタンダウン」

福岡えびすテーラー オーダーシャツ ボタンダウン
シャツの襟先をボタンで留めるデザインで、ややカジュアルな印象になります。

服装の規定がそこまで厳しくない職場であればおすすめの襟型で、ネクタイを着用しない場合でも襟が綺麗に立ち上がりかっこよく決まります。

シャツの「胸ポケット」について

本来、シャツは胸ポケットのないものがスタンダードですが、ペンを挿したりと、胸ポケットがあるとビジネスシーンで役立つと感じる方も多いでしょう。

胸ポケットをつける際のデザインに決まりはありませんが、後述する袖口のデザインと合わせてデザインを決めるとより洗練されたシャツが仕上がるはずです。

「袖口」のデザインについて

シャツの袖口のデザインですが、基本的には好みのデザインで構いません。

胸ポケットが付いているシャツであれば、そのポケットのデザインと袖口のデザインを合わせてみるとデザインに統一感が出るのでおすすめです。

例としては、丸みのあるポケットがついたシャツであれば、袖口も丸みを帯びたデザインをチョイスするといいでしょう。

シャツの「背」のデザインについて

デスクワークの多い方には、「背タック」の入ったシャツがおすすめです。

肩周りが動かしやすくなるため、もしかすれば仕事の効率が上がるかもしれません。

背タックのないプレーンなデザインも、すっきりとして洗練された印象になります。

タック入りのものと比較しても、毎日のアイロンがけがスムーズにできるのも嬉しいポイントですね。

「前立」はシャツの印象を大きく変える

シャツの前端(フロントボタンの付いている箇所)のデザインで、前端が内側に折り込まれている「裏前立」と表側に折り込まれた「表前立」の2種類がメジャーです。

裏前立はエレガントな印象で、ビジネスにも使いやすいでしょう。

表前立は、襟型がボタンダウンのシャツと合わせることが多く、ややカジュアルな印象になります。

「アジャストボタン」で快適な袖口に

福岡えびすテーラーオーダーシャツ アジャストボタン
シャツの袖口はボタンやカフリンクスで留めることになりますが、ビジネスシーンではアジャストボタンがついたデザインがおすすめです。

アジャストボタンとは、袖口に2つのボタンがついており、袖口の細さを調整できるデザインです。

ビジネスシーンでは腕時計を着用される方も多いでしょう。腕時計の厚みにもよりますが、アジャストボタンを調整すれば、腕時計を袖口に収めることもでき、スマートな印象になります。

シャツの素材

シャツは直接肌に触れるアイテムですので、肌触りを左右する素材選びにも注目したいですね。

シャツの素材には大きく「綿」と「ポリエステル」の2種類がございます。

「綿」は王道の素材

自然の素材である「綿」は肌触りが良いのが特徴で、長期的に使いやすい生地と言えます

高級なシャツになると非常になめらかな手触りになり、シャツを着る喜びに目覚めるかもしれません。

形態安定加工のなされた生地であれば、アイロンがけも簡単に済むので日々の使用にも最適です。

「ポリエステル」のシャツは持っておくと便利

速乾性に優れた素材で、部屋干しすることの多い方におすすめです。

また、ポリエステルを混紡した生地のシャツは比較的手頃な価格で入手できるので、オーダーシャツ初心者の方にもおすすめです。

シャツの「色」はどのように選べばいいのか

ビジネスシーンの中で、最もベーシックで使いやすいのはやはり「白無地」のシャツです。

白無地でも滑らかな手触りとツヤ感のある「ブロード」の生地を選べば良いでしょう。

白以外の色であれば、サックスブルーの無地のシャツもおすすめで、ベーシックなスーツの色であるグレーやネイビーとの相性も抜群です。

また、垢抜けた印象を演出するならばブルーなどのストライプシャツもおすすめです。

ストライプのシャツをチョイスした場合は、無地のスーツと合わせるといいでしょう。

まとめ

ビジネスシーンに適したシャツのデザインについてご紹介いたしました。

福岡のオーダースーツ専門店「福岡えびすテーラー」ではオーダースーツのほかにも、今回ご紹介した「オーダーシャツ」のご注文も承っております。

福岡でオーダーシャツをお探しならば、ぜひ一度お気軽に「福岡えびすテーラー」へご来店くださいませ。

ページTOPへ