ビジネスやオフィスカジュアルで活躍するジャケットの選び方とは?【オススメの生地・素材】

投稿日:2020年12月6日 更新日:

ビジネスやオフィスカジュアルで活躍するジャケットの選び方とは?

服装規定をオフィスカジュアルとする企業も増え、ジャケットの出番も増えてきました。

一着でも良いジャケットを仕立てておくと、お仕事でも活躍すること間違いありません。

今回は主に「ビジネスやオフィスカジュアルで活躍するジャケットの選び方」について、福岡天神大名のオーダースーツ専門店「福岡えびすテーラー」のスタッフがご紹介します。

ジャケットの「生地選び」のポイントとは。

ジャケットの選び方を考える上で、生地選びは非常に重要です。

まずは、生地の選び方の基準となる要素についてご紹介します。

スーツ生地は避けて、ジャケット生地から選ぶのがオススメ。

ジャケットの「生地選び」のポイントとは。

スーツ生地でもジャケットのオーダーは可能ですし、着用も可能です。

しかし、ジャケットとして使用することが決まっているのであれば、スーツで使用されるような生地よりも、「ジャケット専用の生地」を選ばれる方が良いでしょう。

ジャケット専用として織られた生地は立体的なものが多く、スーツ生地では扱いづらい素材も使用できるため、ジャケット独特の着心地の良さを体験できます。

ジャケットの生地で使用される素材とは【春夏】

一般的に、ジャケットに用いられる素材はスーツと同様に羊の毛「ウール」が多いです。

春夏物のジャケットに関しては「シルク」や「リネン」を織り込んだ生地が多く見られます。

「シルク」が混紡されれば、独特のきらめくようなツヤが楽しめ、「リネン」が織り込まれれば、味のあるシワと清涼感を楽しめます。

ジャケットの生地で使用される素材とは【秋冬】

秋冬物のジャケットに関しては、手触りが良いことで人気のある「カシミア」や保温性に優れて暖かい「アルパカ」などの素材が織り込まれるケースが多いです。

スーツによく使用されるウールでも別の種類の毛が使用された、タフでカントリーな味わいのある「ツイード生地」も人気があります。

以上のように、色柄だけでなく素材感も重視して選べるのがジャケットの魅力でもあります。
  

ジャケットにオススメな生地の織り方とは。

一般的にスーツに使用される生地は滑らかな表面になっていることが多いです。

ジャケットを仕立てる際は、スーツと差別化できる織り方の生地を選ぶのがオススメです。

代表的な織り方としてオススメなのが「ホップサック」です。

ジャケットにオススメな生地の織り方とは。

ビールの原材料を入れていた麻袋が由来の織り方です。

落ち着いたネイビーのホップサック生地を選べば、ビジネスで十分に活躍するジャケットが仕上がるでしょう。

寒い時期用のジャケットを仕立てる場合は先ほど登場した「ツイード」や「フランネル」の生地を選ばれると季節感も出てお洒落な印象になります。

ジャケットの色・柄の選び方。

ビジネスで最も扱いやすいのはスーツ同様に「無地」のジャケットでしょう。 

ただし、無地のジャケットを既にお持ちであれば、柄のある生地を選んでみても良いでしょう。

スーツでは着用の難しい大判のチェックやストライプも、ジャケットであればお洒落に取り入れることができますよ。

ジャケットに使用されるボタンについて。

生地以外にも、ボタンの色やデザインによってジャケットの印象は大きく変わってきます。

ジャケットに使用する生地に合わせてボタンの「色のトーン」や「ツヤ有・無」を選ぶと良いでしょう。

ボタンでおすすめの素材は「水牛ボタン」や「ナットボタン」です。

ブレザーを仕立てたいと言う方には「メタルボタン」もオススメです。

>> オーダースーツのボタン選びはどれが正解?

ジャケットのデザインの選び方とは。

スーツのジャケットと比較すると、比較的カジュアルな印象のデザインを選ぶことができるのがジャケットの魅力でもあります。

お洒落なジャケットを仕立てる際に採用したいデザインについてご紹介します。

アウトポケット

胸ポケット・腰ポケットどちらにもつけることができます。

ポケットが外側につくことで、リラックスした印象をプラスできます。

肩パッド

スーツでは肩パッドを入れることも多いですが、ジャケットでは軽やかな着心地を実現するためにパッドを少なくしたり、入れずにオーダーするのもオススメです。

イタリア南部のスーツでよく見られる「マニカカミーチャ」は知る人ぞ知るデザインです。

肩周りに生地をいせ込んで丸みを持たせることで、軽い着心地とリラックスした印象をプラスできます。

ジャケットの着丈

スーツのジャケットはヒップが8割ほど隠れる長さがオススメです。

ジャケット単体でオーダーされる際は、やや短めの着丈にするとアクティブな印象のジャケットに仕上がります。

もちろん、重厚感のあるジャケットをお仕立てしたい場合は少し長めにオーダーすることも可能です。

裏地

軽い着心地で春夏時期を涼しく過ごすには「背抜き」のデザインでお仕立てするのも良いでしょう。

通年で使用する予定のジャケットであれば「総裏地」のデザインもオススメです。

裏地の色や柄についても、スーツではなかなか選びづらい鮮やかな色をチョイスしやすいのがジャケットの魅力です。

ジャケットの合わせ方について。

オフィスカジュアルでも、実際にジャケットを羽織るとなるとどのようにコーディネートしたらいいかわからない方も多いでしょう。

迷った時はネイビーのジャケットを仕立てるのがオススメ。

ビジネスやオフィスカジュアルで活躍するジャケットの選び方とは?

コーディネートを考慮すると、扱いやすい色は「ネイビー」だと言えます。

ビジネスシーンで合わせやすいグレーのパンツや、少しカジュアル目なチノパンやデニムとの相性も良いです。

少しカジュアル目にするのがポイント。

フォーマルで滑らかな手触りのブロード生地のシャツも良いですが、ややリラックスした質感のオックスフォード生地や、春夏ならばリネンを混紡したシャツもオススメです。

色合いに関しても、ストライプやチェックが入っていたり、ブルーやピンクのシャツを着用すれば垢抜けた印象になります。

合わせる靴も、フォーマルな靴よりもカジュアルな印象のローファーやウイングチップを合わせてみるのがオススメです。

まとめ

ビジネスやオフィスカジュアルにオススメなジャケットの選び方について、福岡天神大名のオーダースーツ専門店「福岡えびすテーラー」のスタッフがご紹介しました。

ビジネスをサポートしてくれる良いジャケットを選ぶ参考になれば幸いです。

ページTOPへ