【理想のオーダースーツを作り上げるポイント】より良いスーツを仕立てる方法とは

投稿日:

既製品にはないシルエットで、生地やデザインも選べるのがオーダースーツの魅力です。

スーツをオーダーする時は格好良く仕上げたいと思う方が多い一方、完成のイメージが難しく、理想のスーツに近づける方法を知らない方も多いでしょう。

より良いオーダースーツを作り上げる」ためには幾つかのポイントを押さえる必要があります。

今回はそのポイントについて、福岡天神大名のオーダースーツ専門店「福岡えびすテーラー」のスタッフがご紹介します。

理想とするスーツの「画像・写真」を用意

まずは理想に近いスーツについての情報をスタッフと共有する必要があります。

太めのシルエットがお好みの方、タイト目のスーツのお好みの方など、スーツの好みは人それぞれです。

その理想とするスーツの色や柄、質感を再現するにはそのスーツの「画像・写真」があると役立ちます。

複数枚の写真や画像をお持ちいただければ、お客様の好みの特徴も把握しやすくなります。

まずは理想のスーツを探し、スタッフとその特徴について共有しましょう。

そのスーツの中でもとりわけどこのパーツ・要素が気に入っているのかも把握しておくと役立ちます。

※当店のWebサイトにはスーツの製作事例がございますので、参考になれば幸いです。

【ギャラリー①】福岡えびすテーラー オーダースーツ製作事例

実物のスーツをお持ちいただき相談

もし気に入っているサイズ感のスーツがあれば、そのスーツのサイズをもとにサイズを決定することも可能です。

既製品であったとしても、パーツごとに見れば気に入っているサイズ感の箇所もあるはずです。

色・柄以外にもサイズ感もスーツの印象を大きく左右する要素であり、気に入ったサイズ感はスーツを仕立てる上で非常に参考になります。

スーツのオーダー経験のない方は、一度オーダーをしてみる

一度オーダーすることによって、そのスーツの気に入った要素やサイズ感を把握することができます。

テーラーによって、標準となるサイズ感が異なってきます。

ひとつのテーラーでスーツを仕立てたのであれば、また同じテーラーでサイズを改善してスーツを作る方が理想のスーツに早く近づきます。

サイズ感の微調整であれば完成後でも対応ができるため、まずは失敗しないサイズ感でお仕立ていただくのがおすすめです。

いろいろな生地に触れてみる

生地の種類は実に豊富で、ほとんどの方が生地選びで迷われます。

検討する生地の種類を初めに絞ってしまって、その中から最適な生地を導き出すのも良いでしょう。

ですが、本来の予定と異なり、実物をみることで意外と気に入ってしまう生地や色合いもあります。

十分な選択肢を準備することが最適なスーツに近づくポイントのひとつです。

スーツ生地に関して幅広く興味をお持ちいただくことが大切です。

生地の素材に関しましてはこちらの記事にもまとめております。

スーツ生地の選び方と種類・素材についてご紹介【オーダースーツを楽しむ】

オーダーしたスーツを実際に着用してみる

こだわりを反映させたオーダースーツを着用することは楽しいものです。

実際に仕上がったスーツを鏡の前で確認するのも良いですが、実際にお仕事やプライベートで着用してみることで分かることも沢山あります。

デスクワークが多い方であれば裾が上がりすぎてしまったり、アクティブな方であればシワやストレッチ性が気になる方もいらっしゃるはずです。

オーダーしたスーツを色々と着用することで得た問題点を次回のスーツで改善していけば、さらに良いスーツが仕上がります。

まとめ

オーダースーツを理想の形に近づけるためのポイントについてご紹介しました。

皆さまのスーツ選びの参考になれば幸いです。

ページTOPへ