【モーニングコート】オーダーがおすすめな理由とは

投稿日:2021年3月20日 更新日:

福岡天神大名のオーダースーツ専門店「福岡えびすテーラー」では、「心が躍るオーダースーツを、安心価格で」をモットーとしています。

赤坂駅より徒歩2分、天神も徒歩圏内という利便性もあり近隣にお住いのお客様を中心に、西区や東区、他県からもご来店いただいております。

今回は、昼の正礼装「モーニングコート」についてご紹介致します。

福岡えびすテーラーではモーニングコート・ベスト・コールパンツ・シャツと一式お仕立てが可能です。

モーニングコートを扱えるテーラーはそう多くなく、通常のスーツとはデザインも異なる為、扱える縫製工場が限られている背景も。

補正がきかない箇所もあり、ハイレベルなフィッティングと正しい知識が求められるのも事実です。

レンタルもありますが、今回の投稿がお仕立てを迷われている方の参考となれば幸いです。

モーニングコートについて

昼の正礼装として、着用ルールのあるモーニングコート。

ルーツは遡ること18世紀のヨーロッパ。「フロックコート」というネーミングで登場したのがきっかけです。

乗馬の際に裾が邪魔になることから、前裾を斜めにカットした現行の原型ができ「カッタウェイコート」と呼称されました。

イギリスでは、現在もカッタウェイコートと呼ばれているそうです。

その後、朝の散歩で着用されることで「散歩服」として発展し、今日の原型があるそうです。

時代の移り変わりと共に変化していったモーニングコート。歴史の奥深さを感じます。

モーニングコートに用いられる生地は黒無地で、後裾を長めにとっています。

通常のスーツとは異なり、特徴的なデザインをしています。

身近なところですと、内閣組閣時に官僚が着用している姿をニュースで見かけます。

ご用途としては入学式・卒業式・結婚式用としてお仕立ていただく機会が殆どです。

校長先生といった教職員管理職、結婚式での新郎新婦のお父様が多いです。

モーニングコートはオーダーがおすすめな理由とは

モーニングコートは既製品ではなくオーダーがおすすめです。

大切なシーンでの着用だからこそ、身体にしっかり合ったオーダーがおすすめです。

お仕立てに際し、じっくりとお話させていただくので正しい着用マナーに触れることができるのも魅力です。

また、福岡えびすテーラーで仕立てるメリットとして「生涯、体型補正無料」というものがあります。

スーツに比べると着用頻度もそう多くはないですが、だからこそ一生涯に渡ってサポート致します。

モーニングコート・ベスト・コールパンツ「¥118,800(税込)~」よりお仕立て可能

福岡えびすテーラーでは、モーニングコート・ベスト・コールパンツの3点を「¥118,800+税~」よりお仕立ていただけます。

モーニングコートに用いるブラックフォーマルも豊富にご用意致しております。

同じ黒でも、生地の織り方やメーカーによって特徴が異なります。

それぞれの特徴に触れながら、ご予算に合うぴったりの生地をご提案致します。

ベストやコールパンツ用生地のバリエーションも多い為、既製品やレンタルでは味わえない満足感があります。

ご着用日が決まっていらっしゃるお客様へ

通常、お仕立てからお渡しまでには「約一ヶ月半」お時間をいただいております。

お時間に余裕を持って、お仕立てのご依頼をいただけると幸いです。

ご納期のお問い合わせや、ご質問等ございましたらお気軽にご相談ください。

「正しいデザイン」と「着こなし」について

デザインが特徴的なモーニングコート。コールパンツや、ベストも着用する必要があります。

過去に、一式お仕立ていただいたお客様とお話しする中で感じたことは

正しい着こなし方がわからず、不安を感じている方が多いということです。

それぞれに正しいデザインと着こなし方についてご紹介していきます。

モーニングコート

モーニングコートに用いられる生地は「光沢の少ないブラックフォーマル」です。

生地には春夏用、秋冬用とありますがオールシーズン用が適しています。

フロントボタンは「拝みボタン」と呼ばれ、突き合わせるように留めるデザインです。

正面で留める為、美しく見えます。基本的にはフォーマルウェアだけの仕様となります。

襟型はピークドラペルが正式です。ロング丈で前裾はカットしている為、腰ポケットは付きません。

袖ボタンは3個が基本となります。

スラックス(コールパンツ)

スラックスは「ブラックとグレーのストライプ」が基本で、コールパンツと呼ばれます。

タックはエレガントなワンタック(アウト)が基本となります。

ループは付けず、サスペンダーで吊るすのが基本です。

裾はモーニングカットと呼ばれ、後ろを斜めに長くカットした仕様が正式です。

コールパンツやベストに関しては、既製品も多くありますがデザインも多様です。

また、オプションにはなりますが「ウエスト調整用アジャスター」をお付けすることも可能です。

±6㎝までは対応可能な為、心配なお腹周りもお悩みも解消。

当店でコールパンツをお仕立ていただくお客様には非常に人気のオプションです。

アジャスターを付けない場合でも、福岡えびすテーラーでお仕立ていただくと「生涯、体型補正無料」です。

限界はありますが、ウエストの調節も可能です。

ベスト

ベストの使用生地については、いくつか選択肢が分かれます。

・ブラック(モーニングコートと同生地)
・グレー
・アイボリー(ホワイト、クリーム系も可)
※弔事(喪主、一周忌までの法要)はブラック指定の為、注意。

一般的にはブラックとグレーが多い印象です。

著者も、過去に数十着とお仕立に携わらせていただきましたが、グレーを選ばれるお客様が多い印象です。

慶事なので、少し華やかさが増すのがグレーベストの良いところでしょう。

ブラックの場合は「白襟」を付けるのが正式です。

内側にボタンがあり、取り外しが可能となります。

弔事の際、白襟は必ず外します。

シャツ


ブロードの白が正式です。

襟型はウイングカラーかレギュラーカラーのみ着用可能です。

ダブルカフスが基本ですが、シングルカフスでも問題ありません。

既製品だと、シングルカフスのフォーマルシャツも多いです。

シューズ

シューズは内羽根ストレートチップか、プレーントゥが正式となります。

色はブラック指定となりますので、ご注意ください。

小物類

・チーフはリネン素材の白(シルク素材も可能)スリーピークスに折って挿します。
・ネクタイはシルバーグレーのストライプ。(グレー×ブラックのストライプも可能)
・サスペンダーは白黒の縞柄か黒無地を使用します。
・カフスは白蝶貝やパールなど、白い物を使用します。
・ソックスは白黒の縞柄か黒無地を着用。

まとめ

今回は、昼の正礼装「モーニングコート」についてご紹介致しました。

〈モーニングコート〉
・福岡えびすテーラーでは「¥118,800(税込)~」より一式、お仕立て可能。
・モーニングコートの装いには、正しいデザインと着こなし方がある。
・頻繁に着る機会が無いからこそ、レンタルでは無く身体に合うオーダーがおすすめ。

以上、参考となれば幸いです。

「買う」だけではなく「仕立てる」という、選択肢が増えれば幸いです。

仕立てる楽しさが、一人でも多くのお客様に届くことを願って。

ページTOPへ